座敷女
ざしきおなご

出現場所
盛岡市八幡町
分類
妖女

説明
ふと目を覚ます
家のもの皆が寝静まった真夜中
あたりはしんと静まり返っている
何やら奥の間に気配を感じた
いつもは閉じている筈の襖があいているのだ
おぼろげな意識の中
何気なくその気配のする場所に目を向ける
目が闇に慣れるに従い見えてきたものがある

それはタバコをくゆらせる女の姿

お互いの視線が交じり合った瞬間

意識は落ちた

TOP