雪鬼
ゆきおに

出現場所
秋田県

分類

説明
町から遠く離れた場所に
仲良く暮らす夫婦が住んでいた
ある雪吹きすさぶ日の事

父は母が止めるのも聞かず町へ出かけた
母が何の気無しに外を眺めていると
入れ違いにこちらにやって来る者が見えた
あまりの吹雪に父が引き返してきたのかと思いきや
その顔をよく見れば、
頭に生えた長い角、 口には鋭く尖った牙
それは鬼の姿であった
母は慌てて火棚の上に隠れた
鬼は家に入ってくると
戸棚や板戸を乱暴に開け放ち母を捜した
そして遂に母は見つかり、頭から食べられてしまった
そして父が帰った時には、
辺りに飛び散る血だまりだけであった
父は母の止めるのを聞かずに
出かけた事を悔やんだ
そしてその後、父は敵討ちに成功するものの
風邪をこじらせて亡くなってしまった

雪が沢山降る日は、外へ出るものではない。
雪鬼が現れる。

 

TOP