天女の舞
てんにょのまい

出現場所
奈良県
分類
天女

説明
日が暮れる吉野山の滝の麓にて
天武天皇が優雅に琴を奏でていると
琴の音色に誘われたか
雲一つ無い空に山向こうから
生き物の様に動く雲が現れた
天武天皇は、琴を奏でながら
何とは無しに不思議な雲を眺めていると
雲中に人と思しき姿が確認できた
琴の音色に合わせ舞っているのである
しばらくして羽衣の袖を5回翻して
再び雲と共に山向こうに消えた
それは夢の様なひと時であった

TOP