天子
てんじ

出現場所
八丈島
分類
人型

説明

山の防災小屋に現れ
番人の耳や足をつねるといった悪さをする
それに気づいた番人がどなりつけると
「ひゃっひゃっ」
と笑いながら逃げていく
そんな繰り返しであった

ある年のこと、八丈島に大飢饉が襲った
番人も防災小屋で死を待つばかりであった

ある夜、小屋に何かが投げ入れられた
見れば、たくさんの山芋や木の実だった
そして、小屋の外では
「ひゃっひゃっ」
と笑い声と、山へ駆けていく音が聞こえた

番人は、それを食いついないで
死を免れる事ができた

TOP