百目鬼
どうめき

出現場所
栃木県
分類

説明

栃木県宇都宮市大曽に出没した悪鬼

体中に百の目を持つ
その目、四方に絶えず忙しく動き
周囲への注意を怠らず

体には悪風を見にまとい
その悪風当たれば
常人ならば毒気に辺り即死であろう

馬捨て場に捨てられる死馬を喰らう
百の目を剥き、口から血を滴らせ
喰らう様は、人々を戦慄せしめた

この悪鬼が退治された際
死して尚、体中から火を吹き
大きく開いた口からは毒気を吐いた

この百目鬼にちなんだ地名が
現代の栃木に未だ残る


TOP