青女房
あおにょうぼう

出現場所
京都

分類
怨念

説明
ある人里離れた竹林の中に屋敷があった
屋根は朽ち落ち、庭には雑草が生い茂り
とても人が住める状態では無かった
しかし時折、女の姿を見かけるという

この屋敷には、その昔、
ある役人の妾が囲われていた
一時は、足しげく通った役人であったが
段々と足が遠のき、他に女ができたのか
いつしか訪れる事は無くなった

それでもこの妾は、
愛しき人が来てくれると信じ
毎日、化粧をしその時を待った

そして時は過ぎ、己が寿命を超えても
未だこの屋敷で男を待っているという

TOP

z